関東甲信越、大雪に見舞われた1/22。
4年前もスゴイ雪だったのを思い出しました…
千葉の道路は、除雪車なんてないので、雪・雪・雪。大渋滞が発生しておりました。

今回は、大雪警報、と言っても落ち着いたものです。
何せ雪が降るのは当たり前の地域、皆様「今年は雪がぜんっぜん少ない!」とおっしゃっているくらいですから。
道路も、早朝から除雪が入り、走るのには支障ありません。

わたしたちも、11月に一度降ったので、雪が降る状況にも、少しづつ慣れてきました。
「雪は降るもの、積もるもの。」という地域だと、落ち着いて対処できるのだなあ。
それでも、今日明日は外出しないようにしているし、まだまだ用心しています(小心者なので!)

さて、本題に・・・

本日の天気予報に「風雪にご注意ください。」と書いてありました。
「風雪」とは、「風と雪」のことだと思っていたのですが、
これが本当に「風雪」ではないのか?!という事態に遭遇いたしました。

コレダ!!!
20180123_2

雪はもうすっかり、止んでいるのです。太陽も出ているのです。

が、雪が降るごとく・・・・樹上の積雪が、風に舞っての『風雪』、油断なりません!
これが、冷たくて痛い
バチバチ当たってきます・・・ 
写真を撮っていたら、予測のできないところから、容赦なく!
大きな雪の塊も ビョ~ッ!と、飛んで来たりして、確かに確かに、「風雪には注意」が必要です

家の中から見ている分には、幻想的で綺麗ですが・・・、相当な危険度だと、体験しました!

20180123_3

本当に、知らないことがたくさんあります。
というか、「ほぼ、知らないことだらけ」の山暮らし。

もう、生活がサバイバルな感じ!
『注意一秒、怪我一秒』、先輩方からいろいろ教えて頂きながら、怪我しないように慎重に生活しなくては・・・
と、気持ちがピリッと引き締まる朝でした